上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話 馬鹿につける薬はにぃ!※              ◆最初から




ボギーとの死闘。
 
それはカタチあるモノやカタチのないモノ、多くのモノを与えてくれた。
日に日に増えるフレンドもその1つだ。
 
 
を取れずに終わった日、また手伝いますよ、と
向こうからフレンド登録を送ってくれたMタル赤さん。
 
不遇な立場をものともせず、明るく場を盛り上げたCタルシさん。
 
傲慢になっても仕方の無い境遇の黒であるにもかかわらず
戦士をまともに評価してくれていたBタル黒さん。
 
ただただ小生意気なKタル黒。
 
 
見事にタルタルばかりだ。
誓って狙ったわけでは無いというのに。
ウィンダスだからなのだ。
仕方が無かったのだ。
 
前回のような無礼千万の黒タルであっても
「タルタルなんだから本当は悪くない」
などと思ってしまう程、当時の私は重症だったのかもしれない。
 
 
しかしそんなタルタル好印象補正も、この日をもって終わりを告げた。
のイニシャルを持つ新たな黒タルの出現によって……。
 
 
 
2002年6月12日。
 
 
私は今日もボギーを追いかけている。
 
世間ではジュノという街がどうの、チョコボがどうのといった噂が
ちらほら話題に上り始めた頃だ。
 
それらも気にはなったが、協力プレイというものが楽しくて仕方が無かった私は
特に気がはやる事も無くその時を楽しんでいた。
 
日を追う毎に、アライアンスのメンバーが固定化されていく。
既にSJを取った者が応援で駆けつけてくれたりもする。
徐々にではあったが、ようやく現実的に取れそうな雰囲気を感じていた。
 
 
先日掴んだ集団戦のコツを実践するようになってから
皆もわかってきたようで、死人0のボギー狩りが安定して実現。
 
戦闘不能を恐れず、白魔道士を信じて挑発を続ける事……
顔見知りの魔道士がいたからこそ、私はそれに気付く事ができた。
 
※今でこそ大げさに聞こえるが、
 交通手段が徒歩しかなく、レイズも身近に無い時代。
 本国からのホームポイント変更をためらう人も少なくはなく
 戦闘不能はできる限り避けたいものだった。
 魔道士はアライアンスの回復行動が初体験のため遅れがちに。
 戦士も回復してもらえる保障がないためひきつけ過ぎないよう
 にする、という背景があった……のかもしれない。
 
 
 
Zヒュム♂「みんな慣れてきたね」
 
今回のアライアンスリーダーである白魔道士が言った。
 
 
Umemo「ふははは!私の身を挺した活躍のおかげだ!!(´∀`)」
 
 
……なんてとても言えなかった。
なんて控えめでしおらしい子だったのだろうか。
そのため、Bタル黒君に改めて御礼を言われた時はとても嬉しかった。
 
 
 
 
やがて夜が明け、次のボギータイムまで休憩する事となった。
私はそこで、聞いてはならない台詞を聞いてしまった。
 
ブブリム半島西海岸への坂道にて休憩する一同。
離籍する者、雑談する者、タルタルを眺める者。
私はヒーリングするタル集団を、アングルを変えながら眺め癒されていた。
 
 
嗚呼……カワエエ……(´∀`)
 
 
と、その時である。
無無和田飛行たちの知り合いらしいという黒タルが言った。
 
 
 
G「あ、ちょっとタバコ買ってくる」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タ……
 
 
 
 
 
タバコォォォォオオオオオオ!!???

 
 
 
 
 
 
ちょっとまてあああああああああああ
 
タバコってあんんたああああああああああ
 
 
 
 
君、タルタルやろ?そうやろ?
 
タルタルはラブリーの象徴やろが!
 
ミッキーマウスがタバコ吸うか?
 
吸わへんよな?
 
吸うかもしれんが隠れて吸うとんねん。
 
つまり何が言いたいかというと!

 
 
 
 
 
タルタルはぁぁ
 
タバコ吸わへん生きモンやろがあああああ

 
 
 
 
はぁはぁ……
タルタルは……タルタルは……
 
 
 
この時、私は初めて明確に"中の人"というものを認識した。
頭では解っていたものの、どこか曖昧になっていた存在。
 
実際に直面するとなんとも興ざめである。
いわゆる、頭の中のタルタル像が音を立てて崩れていく、というヤツだ。
 
いや、しかし逆に考えるんだ。
過度のタル好きが早期に抑制されてよかったのだ、と……。
 
 
 
私はその事件以降、タルタルに無条件でウットリする事は無くなった。
極めて健全な状態である。
 
 

 

 

 
 
休憩後、私は今度こそ本物のブツ、血染めの衣を手に入れた。
何度も確認し、間違いは無い。
ついにSJゲットだ!!
 
……ただ、実際に手に入れてみてわかった事がある。
今まで先に手に入れた者達が口にした定番の台詞
 
「SJを付けて来たほうが役立てると思うから一旦戻るね」
 
 
この台詞を放って実際に次の日戻ってきた者は殆どいない。
私はこの口実が胡散臭くて嫌いだった。
正直に、早速付けてみたいから戻る、と言ってくれたほうがいい。
 
 
しかしどうだろう。
いざ自分がSJを付けられるとなると……
 
 
 
しょ、正直にイエナイ(゜口゜
 
 
丁度今日はもう終了な雰囲気だったため
例の台詞を言ってみたらいよいよ本当に解散となった。
 
……絶対に戻ってくるからな!!ヽ(`Д´)ノ
 
                     次回、第12話 驕れるサポ持ち


 

↑(屮゚Д゚)屮 ・・・・・・・
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム




関西弁になってますよぉぉΣ( ̄◇ ̄*)
ちなみに昔LSの♂タルさんに、ヒゲそらないとな~
と言われて、なんかショックでした(;´д`)
【2007/04/06 17:43】 URL | めいぷる #-[ 編集]
タルタルたばこ発言。悲しい・・・
これすごい気持ちわかります。
私が初めてヴァナに降り立った時、初めて話しかけたのがタルタルでした。
理由は「かわいいしやさしそうだから」。
ところがどっこい、勇気をふりしぼって「こんにちは」と話しかけると、「何か用ですか?」「用が無いならこれで。」等々、操作がわからずに答えられないでいる子ねこちゃん(私)に対してとてもクールな対応。タルタルだからってみんな友好的な訳じゃないんだよなーと思いましたw(期待するほうが悪いですがw)
そうそう、私もツッコミの時はブログでも関西弁でますw
なんだか長くなってすみませんw
【2007/04/06 20:12】 URL | べる #-[ 編集]
さらされていると聞いてやってきました。
今は禁煙して1年以上経ってるので大丈夫ずらょ(′ゝ′)y-~

当時のSJクエは大変だったね
アイテム取ったらはいサヨナラだったし
ロット弱い人はいつまでも取れないという
固定気味にしてやっと取れた時は最後だったのを覚えています。
あの時の事は一生忘れませn

その時うめもイタッケ?
【2007/04/07 10:36】 URL | Gタル #-[ 編集]
>めいぷるサン
タルは髭生えないもんね!
「タルは夢を損なう言動をしてはいけない」
という法令が必要だね!
 
>べるサン
そりゃまた余裕の無い人にあたりましたな(´д`)
でももっと酷いのになると「ん?」とかだったり無視だったりね!
いつもちょっと不安なのが、東京の人にニュアンスが伝わるのかなとかおもったり・・・(´ー`)
 
>Gタルサン
どうしてそれをあと4年早く・・!!
取れたの最後だったのきゃー
その時おらがいたかどうかは【わかりません】
当時近しい人のは覚えてるんだけど(´ー`)
【2007/04/08 00:13】 URL | うめも #-[ 編集]
俺はG樽が取ったとき多分いたよ!そのとき俺も取ったきがすr
そのときうめもんはイナカッタナー。
きっと自分がとれたから戻ってこなかったんですね;;;;;
リボン転売にいくズラー
とかいってる怖いタルタルでしt
【2007/04/10 00:18】 URL | うめもんのみかた #-[ 編集]
>みかたサン
輪廻はどこかで断ち切る必要があるんだよ(´ー`)
チミはぱげこじゃなかったのか(゜口゜
たる・・だれだ
【2007/04/12 00:09】 URL | うめも #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 うめもんの~FF11おんりぃわん, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。