上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27話 狩場の開拓者<<                                 ◆目次

yousai1.jpg

 
2002年7月20日。
 
 
なんというギリギリな狩場なんだろうか……。
 
戦士Umemoレベル39が次に到達した狩場、それがここガルレージュ要塞地下だった。
今までの狩場では、釣るタイミングで敵のリンクにさえ気を付けていれば良かった。
しかしここはそんな生易しい所ではない……!
 
戦闘中、常に敵である骨の接近に気を付けていなければならないとはヽ(`Д´)ノ
先日来たときはそんな事は無かったのにっ。
 
 
私が初めてここに来たのはつい先日の事。
前回の約束通り、暗ガルカの主が私達を現地へ案内してくれた。
 
この日、私は要塞通路に空いた穴に初めて落ちた。
ドッキドキである。
 
おいおい、落ちちゃって良いのかよっ(゜口゜
帰る道は大丈夫なのかよっ(゜口゜
 
そんな私の心配をよそに、ずんずん進んでいく主。
敵を避けつつ、着いたところはトンネル状の場所だった。
 
誰もいない。 
さっすがー!主!頼れる!憧れるゥ!
 
獲物は骨だそうで、トンネルの真ん中に位置取り戦闘開始。
骨といえば範囲技のHP吸収だけが厄介ではあったがなんとか撃破。
 
少し強めな気がしたがそれもそのはず、
なんとここでレベルキャップである50まで稼ぎ続けられるという……!
  
おおー、それじゃもう50までは時間の問題だね(*゚∀゚)=3
 
 
そう思っていたのだが……
 
 
 
昨日来た時とは違い、今日は他にもPTがいた。
 
そんな訳で互いの骨の範囲技が他PTに届かぬよう、
双方トンネルの外側へ寄る事となる。
 
しかしこれが、アクティブモンスターの中でのキャンプに慣れない
我々にとっての洗礼が始まるのであった。
 
 
生体感知。
  
なにそれおいしいの。
 
 
広場の骨が赤くなったHPに反応して襲い掛かってくる!
こうなった時点でもう全滅は免れない。
隣のPTにレイズを貰えて助かった……んだけれども
そもそもPTがいなければこんな事にはならなかったんだっ。
 
と、どうしようもない事に毒づいても仕方がない。
敵の位置に気をつけつつ狩りをする。
そんな事を学んだ瞬間だった。
 
 
緊張感のある狩りはなかなか新鮮で面白くもあった。
すんなりレベル50を目指せると思いきや、なかなかどうして険しい現実。
ふっ、そうこなくてはな!
 
さて今回はまた、主が新しい事を始めた。
サポシでの不意打ちである。
 
最弱とされていたシーフに追加された不意打ち時のDEXボーナス。
それがサポートジョブ時であってもボーナスが付き強いという事らしい。
 
そしてこの不意打ちにはバグがあるようで、
主は「南に向いてください」等と立ち位置を調整していた。
 
 
それにしてもこの不意打ちというのは強い……。
一撃で骨のHPがガツンと減るではないか。
 
主と同じ暗黒の霊具もまた
 
「つぇぇ!w主さんつぇぇ!w」
 
と興奮し、自分もサポシ育成すると言い出すシマツ。
 
 
くっ……私ときたらちまちま片手剣でレタスを撃っているだけではないか。
こうなったら私もサポシを……っていやいやいや。
戦士でも15までどれだけ時間をかけて上げて来たというんだ。
ここでサポ上げに1週間近くも費やそうものなら今の半固定に置いて行かれてしまう。
折角乗った流れから下りる訳にはいかない。
 
なので私はサポモンク10のまま行く事に決めた。
(※当時、サポ割れという概念はまだ無かった)
 
レタスだってッ!
連携の役に立つんだッ!
 
 
そしてこの日私は、はれてレベル40に到達。
少しレベル上だった主や霊具が着ていたサンドリア戦績鎧に袖を通したのだった。
ようやくこれで騎士らしくなった!
……いやまあ戦士なんだけども。
 
思えばダボイでこの鎧を着た集団を見た頃(第18話)から心なしか憧れていたのかもしれない。
 
強くなった気分に浸りながら、徒歩で地上に戻る一行。
なんだ、絡んでくる楽コウモリさえ倒していけば普通に戻れるんじゃないか(;´ー`)
 
 
狩の後、主が何故こうも色々と知っているのか理由が判明した。
彼はファミ通編集のお手伝い大学生をしているとの事だった。
 
なるほど。
先行集団NKとファミ通編集者の間に親交があるようなので
色々と先々の情報も入ってくるのだろう。
 
 
私がログアウトしようとした頃、
「早速上げてくる!w」と戻るなり勢い勇んでサンドリアへ帰っていった霊具は
既にロンフォールでシーフになっていた。
 
本当にこれから15までがんばるのか……。
自分が出来ない事を平然とやってのける霊具に軽く嫉妬しながら
レベル50の到達点に想いを馳せる私であった。
 
つづく
                                次回、29話 ガンビスンは魅力的?


 
↑(屮゚Д゚)屮 ・・・・・・・
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 うめもんの~FF11おんりぃわん, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。