上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18話 知人、変人、廃人と。※              ◆最初から
 
 
 
2002年6月26日。
 
 
先日、全ワールドで初めての
レベルキャップ50到達者がでたとの発表があった。
 
この発表自体に賛否両論はあったが、これにより更に
冒険者達のレベル上げ熱が燃え上がる。 
発表にはワールド名と名前までが掲載されていて
開発陣からの賞賛のメッセージも添えられていた。
 
 
レベルキャップが判明した事で明確な目標が持てたと
モチベーションを上げる者や素直に賞賛する者。
一方、こんな事ならもっとレベル上げを頑張ったのに、
と毒づき、表彰されているのが納得いかないのか
名前まで出すのはおかしいと批判する者。
 
そんなやりとりを見ながら、最初から勝負(?)を挑んでいない
私は我関せず、某所でエキストラジョブ取得クエの情報収集をしていた。
ハイジン達も大変だな(´ー`)
 
 
何を隠そう、私はついに戦士レベル30に到達!
新たな5つのジョブへの道が解禁されたのだっ!
 
ナイト、暗黒騎士、獣使い、吟遊詩人、狩人。
取り合えず全部にジョブチェンジできるようになろう(´∀`)
どれを上げるかは後で考える!
 
 
私はまず簡単に出来る部分をかたっぱしから
片付けようと各地を奔走する。
 
反魂樹の根を渡しオルデールの滝を調べて以降、
同じ事しか言わないサンドの爺さんを正気に戻し、
バスの黒いガルカから両手剣を受け取る。
 
トレイン頻発地帯との噂のパルブロ鉱山のクゥダフも
レベル30に達している私の敵ではない。
これらが多くのバス人を殺戮し、コンクェストを最下位に
落としていた元凶とは、なんとも肩透かしだった。
 
・・・もっと早い頃に行っておけ?
 
フ、私は勝てる勝負しかしないのさ!ふははー。
 
 
 
という訳で、ナイトと暗黒の下準備が終了。
残りの3ジョブをLSメンバーと一緒に楽々クリアする。
 
さてと。
暗黒は一人で斬りまくればいい。
しかし問題は・・・ナイトだ。
スポンサーサイト
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

復活?

 
 
年はもう暮れていましたね。
 
それどころか既に明けていました。
 
 
気が付けばひと月が経ち、変な広告が張り出されているシマツ。
まるで「差し押さえ」の張り紙のよう。
 
もしかすると一定期間投稿がなければ
自動削除とかされたりするのでしょーか(゜口゜
おおこわい。
 
 
お久しぶりでございやす。
おらは生きていやす。
 
クリスマス~年末モードを通り越して
年始な世間の休日気分に浸りきっておりました。
それなりに忙しくもありFFもちょこっとインする程度だったりしました。
 
そんなちょこっとインしている間に高確率で
「ブログどうなってんだモルァ!」
という叱咤を色々な方々から頂くものだから
こいつぁいけねぇやと再開の試運転といったところですっ。
 
普段接点のあまりない方からのお声は
「エッ? 見てらしたのッ?」という驚きと共に
ありがたぱわー(?)がもやもやと沸いてきますね(*゚∀゚)=3
 
 
そう、終われないさ!
 
いや、終わるつもりはなかったんだけど!
 
ヴァッセイを完結させるまでは!
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 うめもんの~FF11おんりぃわん, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。