上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏側

 
 
こんばんわ。
 
うめもです。
 
 
今日はおらの内面をさらけ出したいと思います。
手始めに内面からのおらの顔です。
 
どうですか?
エルヴァーンなんてこんなもんです。
恐ろしいでしょう。
 
 
さて、最近ようやく鯖移動が開始された様子。
 
失われた人々がアレクサンダーに復活してきております。
でもまだ戻ってきていない人達もいます。
 
 
そう、そこの君。
 
ち○たん
ち○こたん
め○ぷるたん
 
伏字にするとアレな人がいるけどそっとしておくとして。
いい加減戻ってきましょう。
皆続々と戻ってきていますヨ(´∀`)
 
 
とは言うものの、変な人種まで流入されると困る、とLSの長老が仰ってました。
なにやら知る人ぞ知る嫌な鯖ランキングにアレクサンダーが入っていなかった様子。
 
そもそも嫌な鯖とは何だって感じですが
嫌とされてないっていうのは嬉しいものですねっ
 
 
 
変なものを見せてしまったので口直しにコレ
 
エインNPC

 
はい、エインヘリヤルの人ですね。
 
先日遅ればせながら初体験してきたのですが……
スポンサーサイト
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

第13話 チョコボを付け狙う複数の影※              ◆最初から



~あらすじ~
 
無事SJを取得した一行はソロムグで経験値を稼ぎ始める。
そんな中、チョコボが引き連れてくるトレインに轢かれる一同。
しかしそんな災害にも負けず、一同は再びソロムグに集う。

 
 
 
2002年6月16日。
 
ソロムグ上げ1

 
ヤグうまー。
クアールうまー。
 
美味いのだから仕方がない。
チョコボトレインが何度来ようとも、我々はこの場から引かない!
 
 
私達は意固地になってソロムグで稼ぎ続けていた。
人は学習し、成長する生き物である。
チョコボを見かけると戦闘中であってもすぐさま横へ移動し
後から来るトレインをやり過ごす。
いつの間にかそんな柔軟な対応が身についていた。
 
 
SJクエ以降、苦楽を共にし続けたメンバー。
それはついにLS創設という形へ発展した。
和田以外はそれぞれ別のパールをつけていたものの
やはりこのメンバーが皆一番しっくりくるのだろう。
 
フフフ。
来るべき時が来たんだなっ。
サンドリアで初めて貰ったパールも嬉しかったが
今回のような仲良くなってからみんなで作るパールは格別だった。
 
 
さて、名前は何にするか。
なんとなく楽しげな雰囲気を想像して
「サーカス」はどうか、と提案。
 
 
無無「4人組の?w」
 
 
そっちか(´д`)
雑技団の方のサーカスだよっヽ(`Д´)ノ
 
何故かそれでいいんじゃないかという事になり、決定。
色は何がいいかな~(´∀`)
中々無い色がいいよね~(´∀`)
と、考えていると
 
 
アポカリプス「できた」
 
 
 
うぉい!(゜口゜
 
 
せ、折角こだわりたかったのに・・・(´д`)
戦士のライバル、アポカリプスからパールが配られる。
 
オレンジ色のパールだった。
暗めの色が良かったがまぁ見たことが無いのでよしとしよう。
 
人生2つ目のパール。
国を捨てたとは言え、サンドリアLSは嫌いではない。
忙しいが併用していくかっ。
 
 
 
装いも新たに、順調に経験値を稼ぎついにレベル20に到達!
 
 
さぁ、いよいよだ。
冒険者が目指す希望の街、ジュノへ向かう時が来たのだ。
別にレベル20でなければ入れないというわけではない。
が、私は何か区切りのようなものが欲しかった。
それがザグナル装備可能レベルであり、チョコボクエ発生のレベル20であった。
 
さて、散々トレインに悩まされたソロムグ。
もはやこの場所を横断する勇気は沸いては来ない。
情報によると、どうやらサンドリア方面のバタリアが一番通過しやすいらしい。
 
既に先行でジュノに到達していたアポカリプス飛行の案内で
私達はバタリア丘陵へ向かう。
 
 
サンドリア人でありながら初めてのジャグナー森林。
既にここの時点で怖かった。
 
見通しが悪い!
気がつくとトラが襲って来ている。
……一人では絶対通りたくないと思った。
 
 
バタリア丘陵着。
先ほどまでの薄暗い雰囲気から一転、明るく広々とした大地。
なるほど、これならば通過しやすいかもしれない。
 
勇み足で横断を開始。
これだけ見通しが良ければ楽勝だね!(´∀`)
 
 
……しかしそう上手くいくほどバタリアは甘く無かった。
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

休憩



やぁみんな。
元気にしてたかい?
 
今日はちょっと聞いてもらいたい話があるんだ。
 
 
改まってどうしたんだって?
 
 
フフフ、まぁ聞いてくれよ。
 
 
ビシージってあるだろ?
最近アレがアツイらしいんだ。
 
ビシージと言えば、気楽に経験値が手に入るという人気のコンテンツだ。
ボクも良く参加させてもらってる。
 
ボクは兎に角、楽に手っ取り早く経験値が欲しいだけ。
青魔道士で殴りながら自己回復。
それだけさ。
 
与えたダメージや回復量等によって終了後の取得経験値が決まるんだ。
だけどボクは面倒くさがりだからね。
 
長々と回復相手を探していたり
又は延々と攻撃をしていたり
どちらか片方では取得経験値MAXまで結構時間がかかる。
そこで攻撃も回復もグイグイできる青魔道士ってわけさ。
 
これなら比較的短時間戦うだけでMAX経験値。
あとは隅っこで放置全軍を指揮していれば終了だ。
 
 
そう、ビシージというものはそんなものだったんだ。
 
 
 
だけどね。
 
  
最近になってレベル8の軍隊が攻めてくるようになった。
 
これはウカウカしてると攻め落とされる危険性があるらしいんだよね。
ボクも一度参加してみたんだけど、これは危ない。
いろんな意味で危ない。
 
いくらなんでも1時間程度で終わると思った深夜1時過ぎ。
ボクはいつも通り、ある程度稼いで仮眠をとったんだ。
不覚にも敵に肩をやられてしまってね。
最後まで戦いたかったんだけどね。
 
仮眠を終えて時計を見たら早朝の4時。
 
 
 
・・・まだビシージやってるんだよね。
 
 
すぐさまもう一度仮眠をとらせてもらったよ。
さすがに次に起きたら1700だかの経験値が入って終わっててほっとしたよ。
負傷した肩も完全に治っていたからね。
 
 
さて、また攻めてきたら是非撃退してやりたかったんだけど
ボクは目的の戦績アイテムを手に入れたし
各獣人の動向を探らなければならないから
もうレベル8のビシージに参加できなくなっちゃったんだ。
 
残念だよね。
 
 
ああ、ごめんごめん。
 
どうでもいい話を長々としてしまったね。
実は本題はここからなんだ。
 
 
このレベル8ビシージなんだけどね。
どうやら多くの他ワールドでは防ぎきれずに皇都陥落しているらしいんだ。
無事防衛を続けているのは10ワールドにも満たないとか。
ボク達のアレクサンダーも時間の問題かもね。
 
ただ、今まで防衛できているのには訳があったんだ。
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

ちょっとアンタ!
 
バージョンアップがあったらしいですよ!
 
 
・・・なんといまさら感のある話題だろうか。
 
 
 
おら的なめだま項目はやはり青メリポカテゴリ2サルベージ
後はエインヘリヤルってのも気になりもす。
 
 
しかし青メリポ・・・
まぁ特に喜ぶべき追加でもなかった感じです。
SPが増えるのは、痒い所に手が届きそうですが
範囲魔法を単体化してパワーあぷする奴(名前わすれt)は
物理魔法にも適用できたらよかったのにナァ。
 
単体補助魔法を範囲化するの
「おお!」と他ジョブの人を驚かすのにはもってこい!
 
・・・(´ー`)
 
 
と、まぁそんなわけで結局青魔法スキルへ静かにポイントをふりました。
取りあえずスキル301にしておかないとね!
物理青魔法のD値が一段階上がるらしいよ!
 
 
さて話は前後しますが、地道にビシージに参加し続けて数ヶ月。
残り戦績8000をようやく貯め終わった!
やっとぺ様の剣を装備できるっ。
メリポへ行けばすぐだったのにね!
グラフィックはサパラのような貧相なものですが能力はピカイチ。
今回の新戦績アイテムで欲しいのが無くてよかった・・・。
 
 
と、いうわけで試し斬り。
今噂の不滅隊メリポを経験してみました。
 
アトルガン実装時に青を上げていた頃は
よく青青青青青コとかの不滅隊PTでレベラゲウマーをしたものですが
レベルが上がるにつれて青の数も減っていき、段々組めなくなってました。
 
それがなんと忘れた頃に青魔道士の数が増えており、今度はメリポだとっ!?
青青青青赤詩」が基本のようで、敵もコリブリ限定なようですが
 
・ディセバリップしてればいいだけ
・歌のかけ分け無しで楽
・弱体いらず
・それでいて時給15000以上クラス

 
 
・・・たはー。
目まぐるしいメリポの常識を覆すフレコミだ。
しかし、あるある!大いにありえそうだ!
というわけで青で希望をだしてみました。
青PTに誘われる事を夢見て・・・
 
 
ところが出したとたん、中身はM○xな人が問答無用で誘ってきた。
おおっこれは不滅隊なおかん!
 
予想通り不滅隊PT完成。
さてその噂の真実は・・・!?
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

ENMアタッチメント入手緩和VUを今夜に控え
 
 
とうとう追い詰められたからくり士
 
 
今日高額アタッチメントを掘り出せなければ
 
 
明日からは暴落が待っている
 
 
それはつまり
 
 
決定的な金策崩壊を意味していた
 
 
 
 
アルテパ宝探し実装より2ヶ月
 
 
いま、からくり士の欲望を賭けた最後の戦いが
 
 
静かに幕を閉じようとしていた……

 
 
 
 
 Alexanderの Kaらくり士 

 
 
 
次こそは。
次こそは。
 
そんな事を毎回のように思いながらこの日を迎えてしまった。
 
 
当初の目的(ターゲットマーカーを買わず済む)はどこへやら
すでに頭の中にあるのは
 
「高額のうちに売って儲ける」
 
ただそれだけだ。
 
 
妖精さんが言った。
 
「諦めて別の金策シチャイナヨ~(´∀`)」
 
 
確かにそれも一理ある。
アルテパ探し実装以来、一度も出たことがないのだ。 
 
着実に宝探しのコツを掴み、掘り出し成功率は上がっていたが
高額アタッチメントの出なさに諦めかけた事もあった。
しかし諦めて別の金策をしたところで何になる!
 
高額3アタッチメントの中で、最高額を誇るターゲットマーカー。
どの道いつかは取らなければならない。
だが暴落してから買ったのでは意味が無いのだ!!
 
 
takara0

 
 
さて、最終日である今日、見事掘り当てる事ができるのか。
 
とりあえず、2回掘って反応が全く無い。
そして壁寄りでもないため、まだ目星が付けられない可能性もある。
 
 
宝探し


 
フッ……。
ヤヴァイ予感がぷんぷんするぜ。
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

サルベージ緩和バージョンアップを次週に控え
 
 
とうとう追い詰められたAK達
 
 
今回ボスを倒せなければ
 
 
次回からは易しくなったサルベージが待っている
 
 
それはつまり
 
 
決定的な企画崩壊を意味していた
 
 
 
 
サルベージ実装より5ヶ月
 
 
いま、AK達の誇りを賭けた最後の戦いが
 
 
静かに幕を開けようとしていた……

 
 
 
 
 Alexanderの Kaわり者 
 
― 最終壊 ―

 
 
 
次こそは。
次こそは。
 
そんな事を毎回のように思いながらこの日を迎えてしまった。
 
 
当初の目的はどこへやら、すでに頭の中にあるのは
 
「あの鉄の塊ムカつくからぬっころす」
 
ただそれだけだ。
 
 
メンバーの誰かが言った。
 
「別にバフラウにこだわらなくてもいいんじゃナイノ?」
 
 
確かに気持ちはわかる。
昨年12月に始めて以来、バフラウ以外に行ったことがないのだ。 
 
着実に反省点を踏まえ、水面下で進歩はしていたが
結果の出なさに力尽きたメンバーもいたかもしれない。
しかし諦めて別の場所に行ったところで何になる!
 
4遺構の内、最強を誇るというバフラウボス。
どの道いつかは奴を倒さなければならない。
そもそも、やられっ放しで黙っていられるか!
緩和されてから倒したのでは意味が無いのだ!!
 
守護神であるこの私をここまでコケにしてくれたのは奴が初めてだぜ。
 
 
さて、最終日である今日、人はどれだけ集まるのか。
もっとも皆にとってはいつも通りの一日かもしれないが。
 
とりあえず、モ白夫婦が来れないのは確定している。
そしてHPモンコはいつも通りPOLに入った所で寝落ちている。
開始時刻まであと30分。
白も一人も来ていない。
 
フッ……。
ヤヴァイ予感がぷんぷんするぜ。
                   ※死ぬほど長いので覚悟が無い人は閉じるボタン推奨
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 うめもんの~FF11おんりぃわん, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。