上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボールZの主題歌と言えば・・・?
 
 
 
そう、「チャ~ラ~ヘッチャラ~」(←YouTubeへ)ってヤツですね。
 
 
しかし!
 
実は後半から主題歌が変わっていた事を知っている(or覚えている)人は
いったいどれだけいるのでしょう。
そしてそれはどんな歌だったのかを・・・。
ちなみにコレです。
 
 
何故こんな事を唐突に聞くのかと言うと!
話せば長くなりますが・・・・・・要するに歌いたいからです(´ー`)
 
 
ちゃ~ら~の方は、聞いた事の無い人はいないと思われるので
カラオケでは歌ってもいい流れを感じた瞬間に入力します(´∀`)

確実に盛り上がって好評なので隙あらばといつも狙っていたのですが
最近、ふとしたキッカケで後期主題歌の存在を思い出し、聞いてみた所・・・
 
 
イイ!!
 
 
そういやこういうのがあったんですねぇ。
後期はほとんど見ていなかったので記憶から消えていたようです。
実際に歌うと後期の方がきもちいいのです!
だからチャラよりこっちにしたいのです!
 
でもサビ終わりには必ず
「ドラゴンボ~ルゥ~~、ゼェーーーーーーーーッ」
と、タイトルを叫ばなければなりません。
後期主題歌を知らない人の前ではとても無理です。
そっくりマネできても勇気がありません。
ネタ歌はネタ元を知らなければ効果が無いのです。
むしろ逆効果にさえなる恐れがあります。
 
 
エエ、入力する前にそれとなく聞く、というのは出来ません。
コッソリ予約し、タイトルが出た時の
「おっ?誰が歌うの?」
という反応が好きなのです。
サプライズというやつです。
 
タイトルが出てイントロが流れた時点でツカめなければ終わりです。
皆さんはこの後期主題歌を知っていましたかっ!?
 
 
 
・・・と、コメントを求めた所で本題へ(´∀`)
 
ドラゴンボールと言えば鳥山明氏。
鳥山明氏と言えば最近はブルードラゴン
ブルーと言えば
 
・・・フ。
 
そうです、久々の青魔道士ネタです。
以前、vsアルテマで青はどんなもんかと暴露しましたが
微妙な結果に終わっていたのでリベンジですヽ(`Д´)ノ
今更感はキニシナイ!
キャノンボールという新ネタもあるしね!
スポンサーサイト
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

jojoにjojoにFF時間が増えつつある今日この頃。
取りあえずバージョンアプ分は味わっておかないと!
 
 
と、いうわけで。
 
特務曹長にサクっと昇級してまいりました(´∀`)
これで後は戦績を1万貯めれば噂のぺ様の剣が手に入るっ
 
 
 
そんなわけで・・・
久々のビシージでレベル7というやつを体験。
見慣れないサイに乗ったマムが固かった。
 
裏五蛇将の一人であるおらが何時までも雑兵の相手をしているのもなんなので
戦闘は1200点分で切り上げて華麗なる采配を!
 
采配

 
どうですか、この見事な采配。
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

第9話 僕はいらない子※              ◆最初から



2002年6月11日。
 
 
その日は突然やって来た。
FF11サービス開始初の仕様変更バージョンアップである。
 
競売の開始NMの登場不意打ちにDEXボーナスが追加される等……
その中でも一際注目を集めたのが、バインドの効果持続性の修正だった。
私の恐れていたバインド至上主義社会。
それはなんとか、大事に至る前に収束を迎えた。
 
 
……危なかった(´д`)
このまま後ろめたい気持ちを抱いて
コソコソと衣取りに参加しなければならない所だった。
これで堂々と参加できるぜ!
 

 

 

 
……とは言うものの。
バインド無しにどうやってボギーに勝つんだ(゜口゜
 
バインドのおかげで死者が少なかったというのも事実。
ヤツが野放しになればどれだけの死者が……。
ま、まぁなんとかなるさ。
きっと。
 
私は考えるのをやめた。
 
 
 
今回のVUでは、SJ取得クエにもレベル18からという制限が設けられた。
しかしその処置も時既に遅し。
マウラはSJを求める人々でごった返していた。
 
LSでの会話を聞いている分には、セルビナはもっと酷いようだ。
最終アイテムを落とすグールが絶滅するほどの取り合いらしい。
広大な砂丘のどこかにPOPすれば即確保。
そんなわけでグール自体を目にする事が無くなった人々の間で
妙な噂も流れはじめた。
 
「グールのPOPには何か条件があるのではないか」
 
そんな推理が生まれ、結果として
 
「ゴブリンを狩る事がPOP条件」
 
などという風説がさも真実であるかのように広まっていた。
いかに多くの人々がグール発見に苦しんだか、
この藁にもすがるような噂の発生を見るところ、想像に難くない。
 
 
 
一方マウラでは、西海岸・隠し海岸・北東の海岸の発見や
敵自体の強さもあり、なんとかボギーの枯渇に苦しむ事は無かった。
しかしそれでも人は多い。
マウラの大通り両脇には募集待ちの人々が並び、
ゴブトレインからの避難者が更に入り口に集まる。
 
私も新たに顔見知りになりつつあった
Mヒュム♀(以降、無無)・Aタル♀(以降、和田)・Fヒュム♂(以降、飛行)と
募集待ちの肉壁の一部となりながらアライアンスにまぎれていた。
 
その時誰かが言った。
 
「あ、ブンブンさんだ」
 
 
ぶんぶんさん?
誰だそりわ。
 
私は一瞬、まーたβでどうのといった人間か、と過剰反応しそうになった。
しかしどうやらぶんぶんさんというのは、かのファミ通のライターらしい。
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

時期的なものなのか
 
 
モチベーションの低下からなのか
 
 
サルベージ人口の減少により
 
 
活動が困難になりつつあったAK達
 
 
 
新たな障害となるであろう新アサルト実装も控え
 
 
不穏な空気が漂う中
 
 
それでも生粋のAK達は諦めなかった
 
 
 
新たな猫達を迎えて
 
 
再起をかけて突入を試みる一同
 
 
しかし
 
 
そこでは未だかつて無い試練が
 
 
AK達を待ち構えていた……

 
 
 
 
 Alexanderの Kaわり者 
 
― 第6壊 ―

 
 
 
猫を3人勧誘したとはいえ、また10人に満たなかった。 
繁忙組が復帰するまでは新メンバーの経験を積むしかない!
 
そんなわけでNM狙い、あわよくばボス体験を狙って突入。
 
 
ナ忍シモ狩黒黒白召
 
今日は珍しく軍師垢がいない。
というか赤がいない。
できる人間が複数いるにもかかわらずいない。
 
ボス狙いではないとは言え、何か不安だ。
弱体も必要ない、リフレも必要ない。
なのになんなんだ、この胸騒ぎは!
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

フゥー・・・・・・
 
ようやくなんとかなりそうです(´∀`)
気疲れではげるんじゃないかと思いました!
 
 
FF+ブログ復帰できそうなのですがしかし。
今まで我慢していた任天堂Wiiを速攻げっちゅしてしまったああああ
 
(σ´∀`)σ『ファイアーエムブレム 暁の女神
 
 
昔から好きなこのシリーズの最新作が先月でていたのです(´ー`)
今度はそういう意味で更新が滞りますが隙を見てちょこちょこやっていきま!
 
フゥー・・・
テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 うめもんの~FF11おんりぃわん, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。